読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームページ制作講座

ホームページ制作のHTMLやCSS、JavascriptやDTDとかDreamweaverなどWEB制作について

WEBブラウザーシェア/割合

WEBサイト制作の上で、対応ブラウザーの選定も重要な意味を持つことになるだろう。



一体いまのブラウザーシェア/ブラウザー割合、厳密にいうと実際にデフォルトブラウザーはどの程度まで抑えておくべきかを考慮してみた。



WEB上に公表されているデータを参照してみるが、IEのシェアが落ちつつもいまだ中心となっている。ただしIEヴァージョン6、7を加算しているので、ヴァージョン別に見るとIE6,IE7,Firefox3が横並びになってきている印象だろうか。



■WEBで公開されているブラウザーシェア概要

1.IE    60-70%
2.Firefox  20-30%
3-5.Chrome,Safari,Opera 各1-5%


■運営サイトの直近一ヶ月の統計

−サイトA

1. Internet Explorer 702 66.60%
         1. IE6.0 348 49.57%
         2. IE7.0 340 48.43%
         3. IE8.0 11 1.57%


2. Firefox      274 26.00%
3. Chrome       46 4.36%
4. Opera        18 1.71%
5. Safari        9 0.85%


−サイトB
1. Internet Explorer 720 51.17%
         1. IE7.0 374 51.94%
         2. IE6.0 333 46.25%
         3. IE8.0 12 1.67%


2. Firefox       529 37.60%
3. Chrome     64 4.55%
4. Safari     58 4.12%
5. Opera     32 2.27%




IEのシェアがFirefoxに取り込まれてきている。



ちなみにWINDOWSとMacユーザーの比率は10-13対1ぐらいの割合だ。

運営サイトの統計を見ると12人に1ぐらいの割合でOSはMacからのアクセスと想定される。


今後の展開としては、IEのシェアをFirefoxがどの程度まで占有し、かつChromeがどの程度までシェアを確保するかによって、ブラウザーシェアの分布図は大きく変動することが予想されます。