読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームページ制作講座

ホームページ制作のHTMLやCSS、JavascriptやDTDとかDreamweaverなどWEB制作について

WEB制作の役割分類

企業やプロジェクトにより、名称や作業範囲はまちまちだが、WEBサイト制作にかかわる作業や名称についてまとめてみました。

呼称や作業範囲は下記以外にもたくさんありますが、わりあい一般的なものだと思われます

■プロデュースセグメント
・プロジェクトマネージャー
プロジェクト全般の企画・進行マネジメント
・WEBプロデューサー
サイト制作分野の統括マネジメント
・テクニカルプロデューサー
サイト制作のシステム分野の統括マネジメント


■ディレクションセグメント
・WEBディレクター
制作作業全般の進捗管理やスケジュール管理など
・アートディレクター
レイアウト設計やデザイン設計など、WEBサイトのデザインコントロール責任者
・エディター
WEBサイト全般の原稿作成やコピー、文章の作成や校正


■デザイン制作セグメント
WEBデザイナー
WEBサイトのデザインを実際に行う
・コーダー
HTMLタグやCSSを実際に編集する
SEO考慮などを含めたコーダーをマークアップエンジニアと一部呼称する
・イラストレーター
イラストを専門で作成する
・グラフィックデザイナー
CGグラフィックを専門で作成する
・フラッシャー
flashを専門で制作する。デザインとActionScriptのオーサリングを分業するケースも多い
・3DCG制作
3次元のコンピュータグラフィックおよび映像を制作する
・サウンドエディター
音声を作成する
・ライター
キャッチフレーズや文言を制作する。場合によってはコピーライトも行う
・カメラマン
WEBサイトに掲載する画像等を撮影する


■システム制作セグメント
システムエンジニア
システム全般を実際に制作、設計、管理する
プログラマ
システムのプログラミングをする
・テスター
デバックやインターフェースなどを実際にテストする
・システム管理者
システムの運用やサーバー設置する


■サイト運営セグメント
・WEBマスター