読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームページ制作講座

ホームページ制作のHTMLやCSS、JavascriptやDTDとかDreamweaverなどWEB制作について

テンプレート解除と切り離し-Dreamweaver

HTMLマークアップエディタのDreamweaverにはテンプレートなる便利な機能ファイルを作成して、特定のブロックのみをすべてのページに対して同一ファイルで管理することができます。

拡張子は、dwt(dreamweaver template)です。

しかし、ページによっては個別にカスタマイズが必要であったり、レイアウトや広告バナー領域、そのほかキャンペーンページなど、すべてを画一的に管理する場合というのは意外と少ないかもしれません。


さらにテンプレートのカスタマイズを流用しようとすると、コードの不一致が発生して調整するだけでも手間がかかったりします。


WordpressなどのCMSであれば、phpなどの記述で条件分岐をすることで全ページ共通のテンプレートで済むかもしれません。



最近ではアセットのライブラリが一番利用価値が高いと思います。

さて、そんなわけでDreamweaverのテンプレート記述の解除、切り離しですが、テンプレート記述を解除するには、対象のページを開き

Dreamweaverのメニュー [修正] ⇒ [テンプレート] ⇒ [テンプレートから切り離す]

で、テンプレートのコード記述がすべてなくなります。

もとに戻す場合は、同じ手順で[テンプレートをページに適用]で戻せます。