ホームページ制作講座

ホームページ制作のHTMLやCSS、JavascriptやDTDとかDreamweaverなどWEB制作について

Webデザイン力がアップする7つの習慣

コラム~あるWebデザイナーの寄稿~

憧れのWebデザイナーになりたての頃、そうはいっても2、3年目の頃だが
、いまひとつWebデザイン力が向上しないで悩んでいた。

本や雑誌を見たり、すでに出来上がっている素敵なWebサイトを見本や参
考にして制作するWebデザインは、自分でもなかなか良くできたと思いき
や、クライアントの手痛い返答。

もう才能がないからやめようと思ったことが何度もあった。

先輩のアドバイスも聞かずに、自己流をつき通してきたのは、Webデザイ
ンの学校に通っている時から変わらないまま。

そう、結構適当にやってきた。

当然、成長は遅くなり、同期のWebデザイナーにも顧客の評価から差は歴
然としていた。

ただ、コネで入社したこともあり、逆に優先的に案件がまわってきたりしていたから、すこしも事実を認めることができず。

そんなとき、会社が忙しいこともあり中途入社でWebデザイナーが入社していました。歳も自分よりは上で、経験も豊富な人でした。

いろいろ教えてもらうことがあったのですが、自分は相変わらず小さなプライドからなにも聞くことができず、積極的に意見を交わす同期とは差が開く一方。

そんな状態から1年が過ぎたある日、自分は退職することを事務所の社長に伝えました。紹介してくれた知り合いの顔をつぶしてしまうことになるのですが、それ以上にいまの自分の状況は痛々しい状況だというこを誰よりもしっていたから。

「もっと自分のWebデザインを大きな仕事で試したい。」

見栄を張ってそういうことが精いっぱい。

でも自分は幸運な方だと思った。ダメな自分をきちんとわかっていたから。

それからはコネや妥協をできるだけしないで、就職活動を行い、いく社にも書類審査で落とされたりしましたが、何とか小さな広告代理店に入社し、いちからWebデザインに取り組みました。

3年間謙虚に取り組んだ。

先輩や知り合いのデザイナーなどの言葉や、お客さまの反応を素直に受け止め、着実に仕事で成果を出して、いまではクライアントに褒めていただくことも多くなった。

もう少し早く姿勢を正しておいた方がよかったかな。
それからは、部屋の中に初心を忘れないように張り紙をしている。

1.目をよくする

2.耳をよくする

3.すべてを早くする

4.趣味をよくする

5.自力本願

6.納期を守る

7.辛い時こそ品質向上

この7つのことを習慣として、いつも大切にしたおかげで、Webデザイン力は格段にアップした。3年以上前の自分の制作したものは、いま見ても赤面してしまう。

この先どんな状況になっても、いつもいつも、忘れないように。

7つの習慣の解説は 》 ホームページ制作のWEB制作システム