ホームページ制作講座

ホームページ制作のHTMLやCSS、JavascriptやDTDとかDreamweaverなどWEB制作について

メールフォームプロCGIを導入してみる

 

 

 

無料のCGIで動くメールフォームプロを導入してみます。

 

メールフォームプロとは無償でSYNCK GRAPHICA社が提供するプログラムで、
以下からダウンロード可能です。

 

http://www.synck.com/contents/download/cgi-perl/mailformpro.html

 

1・メールフォームプログラムファイルをダウンロード、解凍します。

 

2・添付するPDFファイルの説明書を読みます

 

注意点としては、以下が記載されています。

 

[注意点]
CGIファイルを編集する際に
×メモ帳
×テキストエディット
×ホームページビルダー
×Adobe DreamWeaver
を使うのはゼッタイダメ!本プログラムは文字コード
UTF-8で作られており、上記のアプリケーションで編集する場合BOMという特殊
な目に見えないデータが加えられてしまい、サーバ上でプログラムが動作しなく
なります。
Windowsの場合はTeraPad

 

http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/library/tpad.html

 

MacOSの場合は ミミカキエディット

 

http://www.mimikaki.net/

 

を使いUTF-8N(BOM無し)・改行コードLFで保存しましょう。

 

3・必要な環境の確認

 

[CGIが動くサーバかどうかを確認:以下マニュアル記載内容を参照]

 

CGIが動くサーバかどうか確認。

 

sendmailが利用できるかどうか
sendmailが利用できない場合はSMTPサーバを使うオプションもあります。

 

●Yahooジオプラスの場合
Yahooジオプラスの場合、コントロールパネルで許可されたメールアドレスしか
送信する権限を持ちません。

 

http://geocities.yahoo.co.jp/v/originalcgi/sendmail/

 

上記URLを参照の上、必ずメールアドレスの設定を行なってください。
また、ジオプラスの場合はconfig.cgiで以下の設定をしてください。
## メールの差出人を固定 (0:無効 / 1:固定)
$config{‘fixed’} = 1;
## 連続送信対応
$config{‘seek’} = 3;

 

4・使用するファイルの確認とアップロード

 

下記のファイルをすべてアップロード

 

[ファイル群]

 

動的ファイル群はCGIをcgi-binフォルダ内に設置しなければならないサーバで
はcgi-binフォルダにアップします。
多くの場合、変更の必要はありませんが、ご利用のWebサーバによってはPerl
パスを変更する必要があります。Perlのパスとは「mailformpro.cgi」の1行目に
記述されている「#!/usr/bin/perl」という部分です。ご利用のWebサーバのFAQ
などをご覧になって、Perlのパスが異なる場合は変更しましょう。
Perlのパスを変更しよう。

 

》記事の詳細は ホームページ制作のWEB制作システム