読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームページ制作講座

ホームページ制作のHTMLやCSS、JavascriptやDTDとかDreamweaverなどWEB制作について

アウトラインとHTML5でのsection/articleの違いなんか

xhtml1.0ではかなり構造化を意識した記述がデフォルトになりましたが、セマンティックといういみでは、まだまだdivとpタグ、リストタグが多用されるだけで、厳密にはソースコードの構造からは文章構造を読み取ることができませんでした。

HTML5になり、文章構造を明確にするタグが数多く採用されており、実質的にサイトの構造を明確に構造化して、タグ自体がどのような意味をもつか、いわゆるセマンティックにWebページを分析することができるようになります。

ただし、そもそもセマンティック化されたとしても、構造化する必要がないサイト構成や閲覧者にとっては実はどうでもよい事なのです。
だからあまり神経質になりたくもないものですが、物事を複雑化することが好きな人たちが必ずいるので、HTML5のアウトラインについては、少々しっかり抑えておいたほうがよいでしょう。
ちなみにアウトラインのためのsectionタグやタグ構造のくくり的な意味合いを持たせるarticleタグについても、
どちらも必須であるわけではなく、なくても表示に問題はないし閲覧者にデメリットがあるわけでもありません。


さて、アウトラインとは、Webページの構造のことで、HTML5では、意味を持ったタグが多数存在するため、HTMLマークアップの上ではおおまかに理解しておく必要があります。

HTML5のアウトラインについては、まず..................

くわしくは》HTML5のアウトラインとsection/articleの取扱い


関連記事section/article, WEB制作, HTML5