ホームページ制作講座

ホームページ制作のHTMLやCSS、JavascriptやDTDとかDreamweaverなどWEB制作について

JavaScriptのdocument.writeがHTML5で非推奨のときにとる対策

さてJavaScriptでテキストや値をHTML上に書きだすときに、

document.write("テキスト");

などの記述はよく使われてきましたが、HTML5ではdocument.writeは非推奨とされています。

document.writeはブラウザのレンダリングに悪しき影響を与えるとして、HTML5仕様書にはstrong discouraged、強烈に推奨しないと記載されています。
<a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NG8KR+AY52C2+348+U2LRL" target="_blank"><img border="0" width="468" height="60" alt="" src="http://www24.a8.net/svt/bgt?aid=160321131662&wid=005&eno=01&mid=s00000000404005051000&mc=1"></a><img border="0" width="1" height="1" src="http://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2NG8KR+AY52C2+348+U2LRL" alt=""><a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=25RF6O+6ZUGR6+348+IHQ1T" target="_blank"><img border="0" width="468" height="60" alt="" src="http://www21.a8.net/svt/bgt?aid=130609824423&wid=005&eno=01&mid=s00000000404003106000&mc=1"></a><img border="0" width="1" height="1" src="http://www10.a8.net/0.gif?a8mat=25RF6O+6ZUGR6+348+IHQ1T" alt="">
要は、DOMへの影響やネットワーク遅延への影響が懸念されたり、デバッグ時のボトルネックとなるので、強い非推奨とされている。

document.write自体はブラウザの挙動に直接関与しないので、対処方法と代替え案を検討することに。

2種類の代替案を利用できるようなので、
下の二種類の方法で記述することで対処できる。



■innerHTMLを利用する
・HTMLページ内...................



続きは》HTML5でdocument.writeが非推奨であるならば

 

関連記事》 JavaScript, JQuery, WEB制作, 知識・技術, HTML5.